参考にすべきは世界最古の「復讐法」。

このブログでは
取り上げませんでしたが、



シューズインソックス、
インビジブルソックス、
フットカバーなどなど



呼び名は色々あれど
浅履きのソックスはかかとから
履くと脱げにくいという記事が
取り上げられていました。



これに対して
「その発想はなかった」
「目からうろこ」
「これやって脱げなくなった」



そんな声が多く
寄せられたようです。



これは靴下メーカーの方の
発信によるものですが、



その「履き方」とともに
「選び方」も重要とのことでした。



まずは伸縮性に優れた
素材で作られていること。



例えば綿よりもナイロンの方が
伸縮性があり足にフィットして
脱げにくいとのこと。



そしてきっちりかかとに
滑り止めがついたものを
着用することだそうです。













LA SABBIA ラ サビア シューズインソックス

なるほどなるほどと
記事をよみながら、



alta sottoでオススメしてるのは
ラ サビアのシューズインソックス。



因みにかかとに滑り止めは
付いていませんが、



マイクロファイバーを使用して
立体的に編み立てることで
脱げない”パーフェクトフィット”を
実現させています。










素材に関しては綿に前掲の
ナイロン、さらにそこに
ポリウレタンを混紡。



ポリウレタンが入ることにより
より伸縮性とキックバック性が
増した混率です。







メーカーならではの
「履き方」と「選び方」を
参考にさせてもらったあとは、



高下修二からは「合わせ方」
のアドバイスを。







シューズインソックスは
靴から見えず、素足履き風に
見えるのが最大の特徴。



結果見えないから何でもいいのか
というと決してそうではありません。



見えないと言えども
歩く動作とともにどこかが
チラリとは絶対に見えてしまいます。



よってシューズインソックスは
靴の色に合わせてください。







白には白を、
茶には茶を、
紺には紺を、
黒には黒を。







みなさん良くご存知の
「ハムラビ法典」と同じです。







「目には目を」
「歯には歯を」














「目からうろこ」でしょ??








友だち追加
↑新着情報をイチ早くお届けします↑


OFFICIAL Rakuten / Yahoo!

OFFICIAL / Rakuten / Yahoo! / Amazon / mercari

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。